忍者ブログ

出会いの秘密を語って・・・

出会いの秘密を楽しんで!

[PR]

2017/10/22(Sun)15:09

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

たのしい双頭バイブ!

2010/02/21(Sun)23:31

オナニーグッズ!( ノ゚Д゚)!

双頭 バイブで大流行の大人のおもちゃは、素敵よねw

わたしは子供の頃から
オナニーを知っていた。
その当時は。。。
なぜ自分がそうしたいかわからずに。
押入れの中に隠れながらや、
一人になった部屋の隅で、
ただ自分の性器を弄る子供だった。
小学校高学年の頃である。
双頭 バイブ時代も、いつも考えてたな。
家族や友人の前では明るく、
学校でも活発な子だった。
そんな自分がオナニーをする。
特に悩む事も無かった。
なぜならとても気持ちよかったから。
そして自分の持つ裏の顔、
2面性のようなものに、
秘かに喜びを見出していた。
双頭 バイブだったら、まだましだったけどね。。
おしっこが出る所を触ると
どうしてこんなに気持ちいいんだろ?
わたしって変な子だわ。
でもやめられない。

椅子や硬いモノにまたがって
擦り付けるのも大好きだった。
時間を忘れてぎゅーぎゅー押し付けてた。
思わずあれが、双頭 バイブ嬢になるきっかけだったのだろうか。
テレビで犬やネコが舐める様子を見て、
「あんな風にお○んこを舐められてみたい」
って本気で思ってた。
まだクンニという名前も
そんな性行為さえも知らないわたしが。。。

思春期を迎え、恋をしたわたしは、
だんだんと従順な乙女に変わっていった。
自分の欲望は押さえ、
相手に尽くして合わせるのが、
女性の幸せなのだと言い聞かせた。
双頭 バイブか。。
それは本来の自分ではなかったから、
歪みが出てきてしまったのかもしれない。

今、わたしは子供の頃からの欲求を
忠実に叶えているような気がする。

彼がその願いを引き出してくれた。

自分の中の隠された願望。
深い深い場所の潜在意識。

彼によってわたしは蘇らされたの。
双頭 バイブ嬢の気持ちがね。。


上記記事抜擢。

双頭 バイブ、僕も行きましょう。
PR

No.17|未選択Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :